大きな変化

子供が生まれて、何か変わった?と聞かれることがあります。私の場合はかなり変わりました。

それまでは仕事に関しても食事に関しても、自分の事だけを考えていれば良かったけど、子供が生まれてからはなるべくバランス良く、安全な物を食べさせてあげたい等々、子供のことや家族の事のことも考えるようになったこと。家族の大切さを感じられるようになったこと。

出産前の自分は、今思うと本当に自己中心的でした。「人は人、自分は自分」みたいな冷めたところがあって、自分でもどうしたらもっと優しくなれるんだろう、とよく悩んでいました。

もちろん感謝したり、誰かの幸せを願ったりする純粋な部分も自分の中にあるけれど、自己中心的な自分との間を行ったり来たり・・少し分離しているような矛盾した感覚があって、なんだか不安定な感じ。年々、分離している感覚は無くなってはきていましたが、やっぱり人の事はどこか他人事のような感じがどこかでしていました。

子供は宝物だと親はみんな思うものです。自分の子供が一番可愛い。それは私もみ~んなも一緒^^今では子供が生まれたことで、子供やそのママにも親近感が湧くようなり、愛情深くなれたような気がします。

そう、「あなたがうまれたひ」という絵本を、ご存じですか?「あなたがうまれたひ」は、地球や動物たち、太陽や月、雲までがみんな祝福してくれてあなたは生れてきたんだよ、と教えてくれる素敵なお話です。本当にそうだとな思います。全ての赤ちゃんは、こうやって色んなものに見守られ祝福されて生れてくると思うのです。そうすると自分もそうやって生れてきたんだな、と感じることができますよね^^自分にも優しくなれる。これって一番、大事なことです。

そんなふうに思えるようになったのも、家族や子供のおかげ。そしていつも見守ってくれているご先祖様も・・。感謝です。それでもイライラしたり悩んだりすると感謝出来なくなることもあるけれど、やっぱり忘れてはいけないことだと思うのです。

 

子供からのサイン

今週は子供がヘルパンギーナ(夏風邪)にかかって熱を出してしまい、入っていた予定をやむなくキャンセルしなければならなくなりました。そのためにご迷惑をかけてしまった方々には、本当に申し訳なく思っています。

子供が小さいうち一年中風邪をひいたり、熱を出したりとよく病気をします。こうやって免疫をつけていくのでしょうがない部分もあるのですが、相手の方に迷惑をかけてしまうことになるので、なるべくならすぐに治って欲しいと思うのは仕事をしているママは、切に願うところですよね。

子供が病気をする時って、何となく分かる時があります。サインを出しているといってもいいかもしれません。それはとても単純なことですが、いつもよりほんの少し食欲がなかったり、ほんの少し元気がなかったり。。それはほんの少しの違いなので気がつかないこともあるかもしれません。

でも生まれてくる前はおなかの中で繋がっていたママと子供だから、何となく感じ取ることができることもあるのではないか、と私は思っています。だからママは誰よりも子供のことが、分かるのかもしれません。

私も今回は食欲が少し落ちていたりと子供がサインを出していたのに、仕事のことなどで頭がいっぱいだったために何もせずに過ごしてしまいました。レイキをしてあげてれば子供ももう少し楽にヘルパンギーナを乗り越えられたかも・・。

とはいえ、熱を出したその日に早速、子供にレイキをした効果が出たのか次の日には熱もほとんど下がり、食欲も少しずつ戻ってきていました。去年、ヘルパンギーナにかかった時は何日も熱で苦しんだことを考えると、随分楽に乗り越えられたなと思います。もしかしたら免疫がついてきたということもあるかもしれませんが、やっぱりレイキを使うことができるということは、私にとってとても心強いですし、子供とコミュニケーションをとるのに役立っています。
そしてママ自身がレイキで癒されることもとても大事。そうすることでママの感覚が鋭くなり、子供のサインを感じやすくなると思うのです。もちろんレイキはそれが目的で使うものではありませんが、溜まっていた邪気が体から出ていくことで元々持っていた感覚が戻ってくるのでしょう。

 

親子でフラ

昨日はハーラウ・オ・カレイイリマオカラニさんでベビー&マタニティーフラのレッスン第1回目でした^^前回の体験レッスンに子供と言った時には、大泣きだったのでちょっと心配だったのですが、今回は教室内を大声をあげながら走り回っていたので「慣れてきたのかな」と安心しました。

他にも3歳の女の子やベビーちゃんが来ていて、本当に可愛い♡やっぱり子供はいいな~。見ているだけで癒やされるもんね^^

このレッスンではもちろんフラを踊りますが、子供も一緒なのでなかなか思うように踊れません^^;それでも子供たちと一緒に何かをするって、それだけで楽しいものです。もっともっとたくさんのママたちが集まって楽しく集う場になっていったらいいな。

レッスンが終わった後、KUMUが「子供にもパウを履かせてあげるといいよ」と言っていました。ウチの子は男の子だから、パウは履けないよなぁと思っていたのですが、男の子でも青色のパウスカートなら履けるよ、と言われ嬉しくなっちゃいました!可愛いかも!

そこで自分でパウを作ってあげようと思って今、良さそうな生地を探しているところです。裁縫はあまり得意じゃないので、ちゃんと完成するかが心配。。でも頑張ってみます☆

 

参観日

昨日は2歳児クラスになって初めての参観日でした。札幌はあいにくの雨で、ちょっと肌寒いくらい。外に出て公園で遊んでいる様子を、親が参観する予定でしたが変更して教室で先生と遊んでいる様子を、参観することになりました。
1歳児クラスの参観の時もそうでしたが、やっぱり親が来ると子供は、そちらのほうに目がいってしまいます^^;ママ、パパの所に行きたいよ~と目で訴えています(笑)
でも事前に先生から「ママが来てもそっちには行かないでね」と言われていたようです。ウチの息子は私がいることが分かっているのに、お母さんの所に行くことができないのが辛いらしくずっと下を向いて我慢をしている様子。みんな緊張しているようで、普段の様子とは違うみたい。ちょっと可哀そうな気もしますが、見ているこちらはばっちりハンディカムを用意して、撮りまくってました^^
始終うつむいてばかりの息子でしたが、「ママの所に行っていいよ!」との先生の一言で、満面の笑みで私の所に走ってきました♪さて帰ろうと準備をしていると、お隣の1歳児クラスからたくさんの子供の泣き声が・・・。1歳児クラスの参観も終わったようで、これから仕事に戻っていくママやパパを見送るのが辛いようで、たくさんの子が泣いていたようです。これまたちょっと可哀想。。でもすぐに泣きやんで、普段の生活に戻ってました。やっぱり子供はたくましい!
日々、成長していくのをこうやって見守れるのも保育園の先生が、参観日を設けてくれたりして頑張ってくれているから。感謝、感謝です。

こちらをちらっ。切なそうな目をしてます^^;


終わってほっとした顔の息子^^

家族

親と子供は繋がっているなぁと日々感じます。昨日は子供の熱が下がって、久しぶりの登園。でも「保育園、行かない!」と大泣きでした。こんな時は、私も泣きたくなってしまいます。
なんとかなだめて保育園に送っていきましたが、今思えば私がとても不安定だったのが子供に影響をしたのかも、と思います。朝から何となく心が重くて、私のほうがどこにも行きたくない!と心のなかで、駄々をこねていたのかも。
今日は札幌の天気のようにすっきりとした朝を迎えられたお陰か、子供も御機嫌♪すんなりと保育園に行くことができました。家族は繋がっている。お互いに、良くも悪くも影響をしあっているんですね。
そんなことを感じた一日でした。

ドキッとする一言

息子が久しぶりに熱を出してしまって、今日は保育園をお休みしました。そんな朝に息子が言った言葉が、心に残りました。
いきなり息子は「お仕事だよ~って、先生いわれた」と言いました。ん?何のことだ?と思いながら聞いていると、どうも保育園に入りたてのころを思い出していたようです。保育園に預けられて泣いていると、先生にお母さんはお仕事に行ったんだよ、だからすぐには迎えに来れないよって言われたみたいでした。そして「悲しかった」と一言。悲しいの意味がちゃんと分かっているのかは、まだ疑問な年齢ですが、ドキッとする一言でした。当たり前のことだけど、子供なりに色々なことを感じているんだなぁ。
保育園に預け始めたころは、自分も息子と離れるのが悲しかったし寂しかったので、子供も敏感にそれを感じ取り寂しかったんでしょうね。本当に子供は敏感。自分が緊張していると子供まで緊張してたりするし。子供は親の鏡だなぁと思います。

お弁当

今日は息子が通っている保育園ではお弁当の日でした。なるべくバランスが良く食べやすいお弁当を意識しながら作りました。
初めてのお弁当の日は約1年前。息子はまだ1歳で食べられるものも限られるし、何を作れば良いのだろうと不安になって、幼児用のお弁当の本を買ったりしました。お弁当を作りながら、そんなことを懐かしく思い出します。
そういえば私も昔は、母親に作ってもらっていたなぁ。本当にありがたいことです。

全部食べてくれるかな?

人はそれぞれ

ウチの息子は2歳4カ月になりました。最近、自分が何をしているかを説明してくれるようになってきました^^おもちゃのバスで遊んでいると「今ね~、バスとまってるの!」とか。毎日、少しずつ成長しています。
でも子供の個性や成長はそれぞれ。ウチの息子ようたんは、のんびりマイペースなので他の子より、色々と出来ないことも多いようです。それでもそれは個性。きちんと認めてあげて、やれることは伸ばしてあげればいい。
それでも日々、色々な人との繋がりの中で過ごしていると、親は子供のことで不安になったり悩むことは多いですよね。いけなかったところはきちんと反省して、あとは見守ってあげればいいのだと思います。
子供が早く大人になっていったからって、それが良いとは言い切れない。甘えたければしっかり甘えさせて、一人でできたことがあったら、いっぱい褒めてあげる。
たくさんの愛情を子供にそそいであげたい。それは親であればみんな思っていることだと思います。自分はそれができているか分からないけど、子供の良いところも悪いところも全部、認めてあげることができる母親でいれたらいいな。それがあなただからってね^^

あごにあざが。。でも本人は気にしてない(笑)

新米ママへの祝福

昨日は妊娠している友達が来てくれました。とても嬉しそうだったけど、不安もあるみたいでした。初めての妊娠だと不安があるのは当然ですよね。私も毎日、不安でこれからどうなるんだろうとか、自分はちゃんとお母さんになれるのかな?という思いが、頭の中をぐるぐるしてました。
普段とはホルモンのバランスも変わるから、精神的に不安定になって、マタニティーブルーにもなりやすいです。今回は友達に合ったフラワーエッセンスを処方して、エンジェルカードの他にマナカードをひきました。
マナカードは現実的なアドバイスをくれます。私にとっても大きな学びとなる時間でした。きっと天使さん達も、祝福したくれてたことでしょう(^^)
この時に、ふとこんなブレスレットやアロマスプレーを作りたいというイメージができたので、形になったらお披露目したいと思います。
どうか元気な赤ちゃんが生まれますように。みんなの祝福が届きますように。友達のために祈りたいと思います。
赤ちゃんと素敵な時間を過ごしてね♪

日食

今日は日食でしたね(^^)札幌は天気が良くて、絶好の観察日より。事前に購入したグラスを使って、子供と一緒に観察しました。
部分日食でしたが欠ける部分が、最大に近付いてくるといつもより薄暗くなってきました。曇りの日の薄暗さとはまた違って、変な感じ。
ウチの子は分かってるのかどうなのか、グラスを使って見せてあげると「あ、月だ!」と言っていました。たぶん三日月を思い出したんでしょうね。