ドキッとする一言

息子が久しぶりに熱を出してしまって、今日は保育園をお休みしました。そんな朝に息子が言った言葉が、心に残りました。
いきなり息子は「お仕事だよ~って、先生いわれた」と言いました。ん?何のことだ?と思いながら聞いていると、どうも保育園に入りたてのころを思い出していたようです。保育園に預けられて泣いていると、先生にお母さんはお仕事に行ったんだよ、だからすぐには迎えに来れないよって言われたみたいでした。そして「悲しかった」と一言。悲しいの意味がちゃんと分かっているのかは、まだ疑問な年齢ですが、ドキッとする一言でした。当たり前のことだけど、子供なりに色々なことを感じているんだなぁ。
保育園に預け始めたころは、自分も息子と離れるのが悲しかったし寂しかったので、子供も敏感にそれを感じ取り寂しかったんでしょうね。本当に子供は敏感。自分が緊張していると子供まで緊張してたりするし。子供は親の鏡だなぁと思います。

星がある!

最近、息子が言った可愛い一言♪水の入ったペットボトルを、上からのぞき込んで「星!」。星?なんのこっちゃ?と思ったら、ペットボトルの底にある模様が、星に見えたようです^^
う~ん。大人にはこんな発想はできないですねぇ。

なでなで

先日、息子が言ったというより、とった行動が可愛かったです^^それはプーさんを抱きしめること。どういう状況だったのか詳しいことは忘れてしまいましたが、「プーさんが痛がってるよ~」と言ったら、ぎゅーっと抱きしめてよしよししてました。
可愛い~♪(親バカですね)

可愛くてなんだか癒やされました。

いちご

今日はようたんが可愛いことを言ってました(^^)いちごを食べながら「あめ!」と言うんです。何のことだろうと思っていたら、いちごの種の部分が雨だれの形に似てるってことみたいです。
子供の想像力って本当に素晴らしいですよね。今日の可愛い一言でした(^-^)